住宅品質確保から履行確保法へメリットとは

住宅に関する基礎知識

住宅品質確保から履行確保法へメリットとは

品質確保法は住宅に関して未然にトラブルを防ぎ万が一のトラブルの際にも消費者を保護できるように「住宅の品質確保の促進に関する法律が制定されてされ平成12年に施行されました。

これは業者間でも適用されるというところです。しかし、隠れた瑕疵があった場合は買主は契約の解除損害賠償請求できますが、瑕疵修補の請求ができないのです。履行確保法によって弱者である買主がさらに保護されるようになりメリットの高い改正だと言えます。

  1. TOP > 

住宅の広さについて

住宅の広さや単位に関する豆知識
住宅の広さや単位に関する豆知識

日本の建築業界では、古くから使用されている住宅の広さや寸法を示す単位が…

住宅を選ぶ際に目安にする広さについて
住宅を選ぶ際に目安にする広さについて

新しく住宅を購入したり、注文住宅として建てることを希望している方、賃貸…

住宅のキッチンに適した広さ
住宅のキッチンに適した広さ

キッチンは住宅を選ぶ際に必ずといって良いほど確認するのではないでしょう…

住宅設備の見極め方

住宅設備の見極め方

住宅における立地の考え方

住宅の立地についての調査
住宅の立地についての調査

住宅を選ぶ場合、立地はとても大切なものになってきます。どのような場所に…

住宅の立地条件探しに役立つ風水
住宅の立地条件探しに役立つ風水

住宅を建てる際に重要とされるのが立地条件です。良い条件の住宅ならば快適…

住宅の立地と地理論などについて
住宅の立地と地理論などについて

今後、物価の上昇によりインフレが予測されることから、不動産を早めに所有…

ピックアップ

住宅の広さについて

住宅設備の見極め方

住宅における立地の考え方

Copyright © 2015 住宅に関する基礎知識 All rights reserved.